スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりのおやつ

チーコが大好きな豚関係のおやつ(主に豚耳)で激太りしてから禁止していたけど
買い物に行ったついでに豚鼻をおみやげに買って帰りました。

チーコはおやつのお土産があるなと素早く察知してクレクレワンワンうるさ~い

20090529 021
早くおやつをくださ~い



20090529 024

おお~、これはボクが好きなぶたちゃんの鼻ですね。
いただきま~す



しばらくぶうちゃんの鼻をむさぼっていたチーコ、
ちょっと目を離した隙にふうに取られてしまいました~。
20090529 049
ちょっと、ちょっとぉ、
それ、ぼくのおやつなんですけど~




ぶた鼻と牛のひづめを1個づつ買ってきたけど
ひづめは誰にも見向きもされずぽつんと床に転がってました。
まいちゃんはどっちも興味なしでごらんの通り微動だにしませ~ん。
20090529 051
あ~ん、ふうちゃんに横取りさちゃったよぅぅ。



ところでふうちゃんの食事ですがネットであれこれ調べて

『がん細胞のなかでも、とくにリンパ腫およびリンパ肉腫には、炭水化物で異常増殖する細胞があるというデータがあります。よって、炭水化物を豊富に含む食事を避け、かわりに高脂肪の食事を勧める場合もあります。

この種の食事は味もよく、高エネルギーです。高脂肪の食事を長期固犬に与えることによって、脂肪を自身のエネルギーに利用できなくなったがん細胞は、死滅する可能性があります』

という事が書かれていたので今までは『ナチュラルハーベスト・シニアサポート』を与えていましたが
ふうのフードは穀物不使用の『ティンバー・ウルフ』というフードに変えました。


20090529 107
黒っぽいのがふうのゴハンで~す。
更に免疫力アップの為に生馬肉をトッピング。
(馬肉はふうちゃんにはちょい多め、まい&チーコにはおすそ分け程度)

更に更にもっともっと免疫力アップの為に液体サプリ付きです。



20090529 105
『犬猫用D-フラクションプレミアム 60ml 』
サプリメントもネットで検索するとピンからキリまで沢山の種類があってかなり迷いました。
それと錠剤だとあげるのに苦労するのでこのサプリにしました。

これを朝晩4滴づつフードに垂らしてあげてます。
味見してみると黒蜜みたいな甘い味なのでお皿に垂らしてもそのままペロペロ舐めてくれました。

病院の先生は普通の食事でもいいと言われたけど色々としてあげたいのが親心というものです。




それからそれから、我が家に家族が増えたんですよ。
春の訪れと共にやってくるツバメちゃんです。
今年で3年目、また我が家にやって来てくれました。
20090529 014

1年目はたぶんカラスに狙われて卵が床に落ちてました。
その後は行方知れずで空き家になっていました。


去年は無事5羽も育って元気に巣立って行きました。


今年は卵を産んだ早々、カラスに襲われて巣が半壊されて親は逃げて行っちゃったけど
2週間後くらいに戻ってきて壊れた巣を修復し、また卵を産んでいました。

あっ、両サイドにある棒は一応カラス避けで~す。
50cm間隔くらいに障害物を置くとツバメは通れるけど
カラスには邪魔になって近づけないという仕組みです。





20090529 066
去年の子供達で~す。
可愛いので床がフンだらけになっても許してあげま~す







スポンサーサイト

お散歩帰りはバッグの中で

ふうちゃん、薬の副作用で倦怠感があるのか、殆ど家の中でまったり過ごしています。
以前は私は庭に出てると3マル揃って一緒に庭に出てきたけど
今のふうは家の中から外の様子を眺めてあまり出てこなくなっちゃいました。

でもお散歩は楽しみにしてるらしく距離は短めでお散歩に行ってま~す。


20090528 004
写真なんか撮ってないで早く行こうよ~





20090528 006
砂利道嫌いのまいはひたすら端っこ歩いてま~す。





20090528 007
草の上もなかな歩きにくいわ~





あまり疲れさせても良くないかと思って帰りはバッグの中です。
もっと歩きたいのか疲れているのかよくわかりませ~ん。
20090528 014
ふうを抱っこするとチーコも真似して自分もバッグに入れてもらいたがるし
まいも帰りは歩きたくないとストライキ起こしてスムーズに歩いてくれませ~ん。






20090528 017
夕食の準備をしてるとチーコがガスコンロの下でウロウロしてアブナイ!
注意されてちょっと腫れて何かが落ちてくるのを待ってるチーコ。




20090528 021
時々、美味しいものが落ちてくるんだよ


第2週

2回目の抗がん治療の為、病院へ行って来ました。
月曜日とフィラリア時期のせいか、すっごく込んでて診察まで1時間以上、
やっと順番が来て、最初に血液検査。
結果待ちでまた1時間待たされる。

1回目の抗がん剤が良く効いたみたいで先生からも『腫れがすっかりなくなりましたね』と言われた。
でも治ったわけじゃないからほっと一安心って気分でもなかった。
嘔吐・下痢などの副作用はないけど熱っぽい感じがすることを伝えて熱を測ってもらったけど平熱の範囲内でした。

点滴で前回とは違う薬を背中に投与されてぷっくりタプタプしたこぶが出来て、良く揉むように言われたので一生懸命揉んでると背中の液体が両脇に移動して今度はそこがタプタプしてました。

いつもより抜け毛が多いと先生に伝えると症状が出るには早すぎるので副作用ではないと言われたけど明らかに抜けてるんですが・・・

20090526 050
櫛で背中を梳いただけでこんなに抜けてます。


病院から帰ってくるとまいとチーコが怒ってお出迎えし、早く散歩に連れて行けの催促でうるさいのなんのって・・(ーー;)


それから免疫力アップに馬肉が良いとお友達に聞いて、ネットで注文してた馬肉のミンチが届いたので今日からフードにトッピングあげることに。
ふうの為の馬肉だけど当然のようにまい&チーコももらえるものとお座りして待ってます。
チーコは生肉の美味しさにいつもに増して早食いしちゃってました~。





5月25日(月)第2週
血液検査
抗がん治療
サイクロフォスファマイド(注射)
プレドニゾロン(内服1日2錠)
抗生物質(内服1日半錠)


大変ご無沙汰しております

長い間、H・Pを放置してしまってごめんなさい。
放置しすぎてH・Pの更新のやり方、すっかり頭の中から消えてしまいました。
掲示板にメッセージを頂いたのにお返事もしないままでほんと~~にすみませんでした。

早いものであっという間に1年以上が過ぎてしましました。
2月に夫の一周忌を終えてほっとしたのもつかの間、まい一家の大変な事が起こってしまいました。
このブログを再開したのも備忘録として残しておきたいと思ったからです。
H・Pの方は有料で借りているため、もう更新手続きはしないと思うのでブログだけ更新していきます。

そんな訳でブログタイトルも『自由人まい母』から『マイペースまいちゃん』に変更しました。
どうぞよろしくお願いいたします。

事の始まりははっきり記憶してないけど4月の中頃だったかな?ふうの顎の下のリンパ節が両方ぷっくりと腫れていて、そのうち治まりかな~と様子を見ていたけどその気配が全然なくて行きつけの病院に連れて行きました。

炎症を抑える注射と3日分の薬を貰って、次の日にはその顎のリンパ節の腫れも引いてほっと一安心。
ただの炎症かなにかと思っていました。
貰った薬が切れて次の日、また顎のリンパ節が腫れてきたので再度病院へ。
前回と同じように注射と薬でまた腫れは引いたけどまた同じように薬を飲ませなくなると腫れてきました。

病院の先生もこれは検査をした方がいいかもと言われ、検査は設備が整った別の病院を紹介するけど大型連休に突入する前だったので連休が終わってからのほうがいいかと思い、とりあえず血液検査だけしてしてもらいました。
血液検査では肝臓の数値だけが悪いだけで私は散歩中に除草剤がついた草でも食べちゃったかもなんてのん気に考えていたのです。

そうこうしてるうちに今度はおちんちんの両側(そけい部)まで腫れてきたのです。
すぐにいきつけの病院の先生に連絡をし、紹介してもらった病院へ行ったのです。

腫れてるリンパ節に針穿刺し、検査の結果はそこの病院で1時間ほどで待ってる間にわかりました。

病名は悪性リンパ腫
無処置で4~6週間、
プレドノゾロン(ステロイド系抗炎症薬)で1~2ヶ月、
抗がん治療で約1年と余命宣告されてしまいました。
先生が一気に説明したので

えっ、こんなに元気で食欲もあるのに何もしないと4~6週間後には死んでしまうの?
っていうかもう1ヶ月以上経ってるし、ふうはピンピンしてるし頭の中が混乱して何言ってるか理解不能な私でした。

今まで飲んでいた薬がプレドノゾロン(ステロイド系抗炎症薬)で、
すでに1ヶ月経っているのでこのままだと
あと1ヶ月くらいの命だけど抗がん剤を投与しても治る事のない病気で平均1年でそれよりも早いかも知れないしこればかりはわかりませんというお話でした。

どういう治療をするかは飼い主さん次第なのでご家族で相談してくださいと言われたけど
当然私しかいないので即答で抗がん治療をお願いしますと返事をし、1回目の抗がん剤を投与してもらいました。

まい9歳、ふう9月で9歳の老後のイメージはあったけど1年後にはいなくなるなんて想像もしていなかった。今でもピンとこない。
今までもこれからも健康がとりえのまい一家と思っていた。
なんでこんな病気になっちゃんたんだろう・・・・涙





5月18日(月)第1週  
ビンクリスチン(注射)
L-アスパラキナーゼ(注射)
プレドニゾロン(内服毎日2錠)
抗生物質(内服毎日半錠)

次の日よりリンパ節の腫れがひく。
抗がん剤による副作用、目だった症状はないが少し熱っぽい感じで元気がない。
散歩は控えめ、いつもならワシワシ引っ張りながら先頭を歩くのにそれは無し。
ステロイド剤のせいか水をガブガブ飲む、飲んだ分だけ大量のおしっこ。
ブラッシングするといつもより抜け毛が多い。






















ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。